アスペルガー、ADHD、発達障害解消マニュアル

LINEで送る
Pocket

皆さんはアスペルガー、ADHD、発達障害という病気をご存知でしょうか。

最近では大人のアスペルガー、ADHD、発達障害が問題になっています。

会社での仕事に支障をきたしたり、家庭環境の崩壊などへとつながっている病気とも言われています。

 

はげ2

 

①アスペルガーとは

アスペルガー症候群は明らかな知能低下を認めないため周囲から気づかれにくいのですが、「コミュニケーションがうまく取れない」「空気を読めない」「悪意はないのに人を怒らせてしまう事が多い」などといった症状を認め、本人はとても苦しい思いをしています。

以前は「性格の問題」と片づけられてしまうことも多かったのですが、「性格の問題で片づけていいものではない」「本人の努力不足が原因ではない」「脳の微 細な障害がある可能性がある」などといったことが徐々に分かってきました。そして、「アスペルガー症候群だと対人関係の支障が起こりやすい」という事が世 間に広まってきたことになり、対人関係で悩む方々の多くが興味を持たれ、注目されるようになってきました。

知能は正常(むしろ高い場合もある)ではあるけども、人と上手にコミュニケーションが取れなかったり、興味がかなり極端に限定され、それによって日常生活に支障を来たしている場合、アスペルガー症候群の疑いがあります。

先天性の特性ではあるものの、実際に発見されるのはコミュミケーションを行うようになったり、物事に興味を持ちだしてからですので、早くても2~3歳ごろになります。また知能は正常であるため、大人になってから初めて発見されることもあります。

「あいつは変わり者だ」「常識がない」と言われていた人たちが、実はアスペルガー症候群という脳の障害だったと診断されるケースが増えています。例 えば、周りがどんなに忙しくしていてもそのことに気づかず、一人だけ先に帰ってしまう。物事の優先順位が決められず、次の行動になかなか移れない。そし て、一度興味を持ったものに対しては、時間を忘れてとことんのめり込む。

 この障害は、適切なケアを受けずにいると本人に強い精神的ストレスがかかり、うつ病や強迫性障害などを引き起こす危険性もあります。

 

②ADHDとは

ADHDは(Attention-Deficit/Hyperactivity Disorder = AD/HD)は、別名注意欠陥多動性障害とも呼ばれ、不注意(集中力がない・気が散りやすい)、多動性(じっとしていられない・落ち着きがない)、衝動性 (順番を待てない・考える前に実行してしまう)の3つの要素がみられる障害のことです。
小さい子どもであればこれらの要素は誰にでも見られるものなので、周囲の人たちに障害という認識をもってもらえず、ただの乱暴者や親のしつけが出来ていない子といった認識をされてしまうといった、誤解を受けてしまうケースが多々あります。

特に年齢や発達に不釣り合いな行動が多く、社会的な活動や学業に支障をきたすことがあります。
ADHDの子どもには知的な遅れはありません。
感情や行動を自分自身で上手にコントロールすることが難しいだけなのです。

大人でもADHDに悩んでいる方がいらっしゃいます。

大人のADHDといっても、大人になってから初めて出現するものではありません。不注意、多動性、衝動性という3 つの症状に、子どものころからずっと悩まされており、多くの人は自分なりの工夫や対策を考えて努力していますが、それにもかかわらず、状況が改善せず大人 になり、うまく生活することができず困っているのです。

 

③発達障害とは

発達障害とは、発達障害者支援法には「自閉症、アスペルガー症候群その他の広汎性発達障害、学習障害、注意欠陥多動性障害その他これに類する脳機能の障害であってその症状が通常低年齢において発現するものとして政令で定めるもの」と定義されています。

発達障害は医学的には脳機能障害の一種であり、発達障害の人は他の人とコミュニケーションをとったり、普通に社会生活を送ることに困難を感じる場合があります。

 

  • 先天的な特性である。
  • 治すことはできないが、症状を緩和させることは出来る。
  • 100人に数人の割合で生じる。
  • 多くの場合知的障害を伴わない。

 

大人の発達障害も多いと言われています。現代のスピードや臨機応変さが求められる職場では生きづらさがあるのが発達障害の人の共通の特徴です。

④治療法

病院で診断を受けて、アスペルガー、ADHD、発達障害と診断されたら、医師からの問診、投薬による治療が始まります。

病院に継続して通院するのは大変ですし、治療費もそれなりにかかってきます。また、薬を飲まなければならない場合も多く、将来の健康を考えると病院での治療というのは最終手段としておくべきです。

⑤今回おすすめする治療法

病院に通わずに、薬を飲まずに治療するプログラムがあります。

それが今回おすすめする治療法です。

精神障害には完治はなく、寛解という日常生活に問題ない状態まで持っていくことが治療の終了となります。

まず病院に行く前に、膨大な治療費を払い、薬を飲み続ける前に行っていただきたいプログラムです。

アスペルガーADHD発達障害改善マニュアル

このマニュアルは、多くのアスペルガー症候群やADHDなどの発達障害の方の問題や症状を改善するべく臨床結果とその臨床結果の原因をより調べ、そして実 際にアスペルガーの方に改善の効果があったものをまとめてアスペルガーの改善に有効なものだけをマニュアルとしてまとめています。
(アスペルガー症候群、ADHD、発達障害を含め以後アスペルガーと表示します。)

病気ではないから治らないとか、脳機能の障害だからしかたないなどの考えは一切ありません。それに治すことを目的としていない療育や行動分析のような対処法のマニュアルでもありません。

純粋にアスペルガーや発達障害の方の症状を根本から改善するためのマニュアルとなっています。

このマニュアルは、その一般的な現在の医学や常識では説明できません。
医師や専門家も知らない、関知できない本当のアスペルガーの情報が多く含まれています。
そしてそのアスペルガーの症状を改善する目的のためだけに作られています。

より本当のアスペルガーを知り、改善するための改善マニュアルとなっています。

この改善マニュアルを読み、本当のアスペルガーを知り、実践することで一人でも多くの方がアスペルガーを気にしない自由な生き方ができることを願っています。

そしてこれからも一人でも多くの方がアスペルガーから解放され自分らしい自由な人生を歩まれることを願っています。

自分がアスペルガー、ADHD、発達障害かもしれないと感じたら、まず病院に行く前に、改善マニュアルを購入し、実践してみてください。病院代、薬代の節約になります。

アスペルガーADHD発達障害改善マニュアル

LINEで送る
Pocket