借金解消マニュアル

LINEで送る
Pocket

こんにちは。このサイトを読んでいただいてありがとうございます。

このページを読んでいる皆さんは、借金を抱えて、切羽詰った状況の方もいらっしゃると思います。

 

本来借金は悪いものではありません。

借金しなければ事業は始められないし、ほとんどの企業が借金をして、何とか経営を回しています。

 

しかし、借金が返済不能になると、デフォルト(債務不履行)をおこして、立ち行かなくなります。

 

ここでは、借金を解消する3つの方法をお教えしたいと思います。

 

① 自己破産する

<自己破産のメリット>

自己破産するにはメリットとデメリットがあり、メリットと感じるか、デメリットと感じるかは人それぞれですが、自己破産することの最大で、自己破産する全ての人にとってのメリットが、「債務が免除され、借金が“ゼロ”」になることです。

しかし、デメリットがたくさんあります。

<自己破産のデメリット>

・一定の財産を失う

自己破産制度は、債務者の必要最低限の生活費、財産以外は全て換価し、債権者に配当する制度ですので、「破産手続開始決定」が下りた後、換価するほどの財 産がある場合には、破産管財人が選任されて「管財事件」となり、財産が処分されますので、自己破産すると、一定の財産を失うことになります。

・連帯保証人に迷惑がかかる

もしも連帯保証人を付けていた場合、例え債務者が、「破産手続開始決定」が下り、「免責許可の決定」を受けて、晴れて自己破産手続が終わり、債務(借金) が免除されたとしても、残念ながらそのことは「連帯保証人には影響しません」ので、債権者は今度は保証人に取り立てを行うようになるのです。

・官報に記載される

自己破産をすると、「法令・告示・予算・人事など」、国が発行する唯一の法令公布の機関紙(国の広報紙・国民の公告紙)である官報に、破産者の「氏名・住所・破産手続きをした日時・裁判所など」が記載されます。

・住所の移転と旅行の制限

破産管財人が選任された場合は、債務者の財産を換価、処分し、各債権者に配当しなければならないので、「手続きの迅速化・債務者の逃亡・財産の隠蔽」など を防止するために、破産手続きが終了するまでは、裁判所の許可なくして「住所の移転)」「長期間の旅行」はできないことになっています。

・破産者名簿への記載

自己破産するには2つの手続きを踏まなければなりませんが、1つ目の手続きである「破産手続開始決定」が下りた場合には、破産者の本籍地の市区町村役場が管理している「破産者名簿」に記載されます。

・免責許可を受けてから7年間は再び自己破産することはできない

一度、自己破産をした場合、その後「7年間は再び自己破産することはできません!」詳しくいうと、一度「免責許可の決定」が下りた場合には、それから7年間は自己破産の申立てをしても、免責許可の決定は下りないので、自己破産することはできないのです。

・職業や資格の制限を受ける

自己破産するには、「破産手続開始決定」⇒「免責許可の決定」の2つの手続きをクリアしなければならないのですが、破産手続開始決定が下りた後、免責許可 の決定が下りるまでの間(数ヶ月間)は、「公法上・私法上の制限」を受け、いくつかの職業には就けず、資格も制限されることとなります。

・不動産(土地・マイホーム・別荘)を手放す

不動産(土地・マイホーム・別荘など)を所有している場合には、換価するほどの財産があると見なされますので、強制的にその不動産を処分し、現金に変えて、各債権者に配当されるのです。

・破産管財人によって郵便物が管理される

破産管財人が選任されて、管財事件になった場合は、破産者の財産は破産管財人が管理することとなりますので、「破産者宛に届いた郵便物も、破産管財人が管理し、中身を閲覧することもできるのです」。

・クレジットカードを作成したりローンを組むことが難しい

自己破産すると、各信用情報機関によっても異なりますが「5~10年間」、いわゆる「ブラックリスト」として登録されますので、金融業者(銀行)からお金を借りたり、クレジットカードを作成したり、ローンを組むことが難しくなります。

 

自己破産のデメリットを挙げましたが、やはり7年間は再び自己破産できないということを考えると、最終手段としておくべきです。

財産もほとんど没収され、ローンは組めず、普通の生活は営めなくなるでしょう。

 

②生活保護を受ける

役所の福祉課で生活保護の相談をしても、何かと理由をつけて断られるのがオチです。

「親戚の人に書類が届きますがいいんですか?」とか、

「あなたはまだまだマシなほうですよ」とか。

「みんな苦しい中で頑張っています」
とか、「親族と相談してください」など、全く相手にしてもらえないでしょう。

 

しかし、生活保護を確実に、しかも完璧に法律に則った手続きで、もらえるマニュアルがあります。

生活保護・完全受給マニュアル(借金苦からの脱出ノウハウ付き)

値段はたったの3000円です。

 

このマニュアルの手順で申請すると、一発で受理され、決定通知書も届きます。

申請・受理・決定と、ほぼ10日ほどで保護が決定します。

 

役所が受け付けてくれない理由は・・・。

そこには、役所側が使う、ある 『からくり』 があったのです!

この 『カラクリ』 を知り、その対策を講じてから申請をしなければ、何度役所に行っても徒労に終わることでしょう。 

『からくり』 は、受給希望者をあきらめさせるためのものなのです。しかし、これは憲法違反です。

マニュアルには、カラクリ対策が記載されているので、スムーズな生活保護申請が可能です。

 

しかも、カードやクレジット会社からの借金を、完全に解消するノウハウも書かれています。

このノウハウを使うと、まずは即時に、催促や督促の電話や郵便物が止まります。
朝の8時から夜の9時までが、法律で定められている督促電話の時間帯です。

生活保護・完全受給マニュアル(借金苦からの脱出ノウハウ付き)

 

生活保護を受けると車を持てなくなるイメージがあると思います。

私もその点がネックだと思います。

しかし、好きなときにクルマを運転することができることがマニュアルには書いてあります。

 

決して悪用はしないでください。

簡単な気持ちで生活保護に頼らないでください。

自分の力で立ち直れるのなら、そのほうがいいです。もっと稼げる可能性があるからです。

くれぐれも、悪用はしないようにしてください。(年金生活の母を生活保護対象にする等)

生活保護・完全受給マニュアル(借金苦からの脱出ノウハウ付き)

 

 

③借金を踏み倒す方法マニュアルを使う

長年に渡り債権回収業務に携わった男が教える誰でも簡単に利用できる、借金を上手に踏み倒す方法が書かれたマニュアルです。お値段はちょっと高く、2万円です。

借金を踏み倒すとどうなるか?教えます!借金を上手に踏み倒す方法

 

しかし、このマニュアルを使ったほうが、借金は帳消しになり、再スタートができます。国の力を頼らず、1から出直すことができます。

また、万が一生活保護が受けられなかった場合の最終手段となります。

<マニュアルの内容>

  ・借金を踏み倒すとどうなるのか。
    ・実は、バックレる(逃げる)のは得策ではない衝撃の事実!逃げるほど借金は追ってくる
    ・債権者と話し合う事の重要性
    ・借金を合法的に踏み倒す方法
    ・万が一裁判になったら・・・裁判は怖くない!
    ・差押から財産を守る方法・・・差押とはどのようなものなのか?

 

借金だけ合法的に踏み倒して、自分の資産は守ることができます。

これほどお得なマニュアルも世の中にはないでしょう。

裁判も、債権者との話し合いも、手続きも全て合法で行います。

 

お金が全くなくなったのなら、②の生活保護マニュアルを、

資産があり、借金だけ帳消しにしたいのなら、③のこのマニュアルが最適です。

世の中、情報を知っているか知らないかの違いですよ。情報は大切です。タダでは手に入りません。

 

借金を踏み倒すとどうなるか?教えます!借金を上手に踏み倒す方法

 

 

 

LINEで送る
Pocket

投稿者: takeki3

福岡在住の34歳男性です。世の中のコンプレックス解消を目指し、このサイトではコンプレックス解消のための情報を提供していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です