視力回復マニュアル

LINEで送る
Pocket

視力低下の悩み、いろいろあると思います。

「とくかく目が悪いので困っている・・・」
「目を細めるので印象が悪い・・・」
「頭痛や肩こりがひどい・・・」
「コンタクトが面倒だ・・・」
「でも、レーシックは怖い・・・」

いろいろと考えてしまうことあると思います。

眼鏡をかけて頭痛がしてしまったり・・・
目がドライアイになってしまったり・・・

最近はPC、スマホなどを使う機会も増え、視力の低下の悩みを抱えている方も多いと思います。

視力の回復は現代の人間の永遠のテーマであるかもしれません。

視力2

 

視力を回復するためには、衰えた筋肉を鍛えることが重要です。

メガネ、コンタクトレンズは楽ですが、生涯かかる費用は50万程度と言われています。

各地にある視力回復センターで視力回復トレーニングを行うと、10万円から20万近くの費用がかかります。

市販の超音波治療器は、税込み価格で9万円前後します。

 

もっと安く、しかも安全に視力を回復する方法があればベストです。

手頃なお値段で、視力を回復する方法をいくつか挙げてみたいと思います。

①レーシック手術

レーシックとは、角膜をエキシマレーザーで削り、角膜のカーブを変えることによって屈折異常を矯正する手術方法の一つです。とはいえ、「目」という非常にデリケートな部分を手術するのは、少し勇気が必要かもしれません

メガネやコンタクトの煩わしさからは解放されるかもしれませんが、失敗事例も多数報告されています。

費用も10万以上かかります。

保険診療ではないため、日本の医療には馴染まない「価格競争」や「宣伝合戦」が生じ、結果、コストを下げるために滅菌業務を疎かにしていた眼科が不幸な大事件を引き起こしてしまった例もあります。

費用と勇気がある方は挑戦してみても良いでしょう。

 

②オルソケラトロジー(視力回復のコンタクトレンズ)を使う

オルソケラトロジー(orthokeratology)は、就寝時に装着するだけで視力を回復させ、昼間は裸眼で過ごせるようになるという、特殊なコンタクトレンズです。

日本ではなじみの薄いオルソケラトロジーですが、1940年代頃からアメリカで研究・開発が始められ、眼科医のあいだで注目を集めてきました。

コンタクトレンズをはめて視力回復が行える便利さと、レーザーやメスで角膜を削る必要がない低リスク性が特徴で、近視治療の有用な手段の一つとして期待が持たれています。

すぐに1.0以上の視力を得られる場合もあれば、しばらく効果が現れない場合もあり、レーシック同様、個人差があります。安定した視力を得るまでにかかる期間は、おおむね3ヶ月程度、6ヶ月ほど経過すると、ひと通りの効果が見られます。

オルソケラトロジーの長所

  • 夜にコンタクトをつけ、昼間は裸眼で生活ができる
  • 装用を中止することで角膜を元の状態に戻すことができる
  • テストレンズで視力回復効果を確かめてから装用できる
  • ハードコンタクトレンズと同じ使用法のため取り扱いが簡単
  • 未成年者・高齢者の装用が可能(7~65才前後)

オルソケラトロジーの短所

  • 就寝前にコンタクトレンズを装用する必要がある
  • コンタクトレンズのケアが毎日必要になる
  • 装用開始からしばらく視力が安定しない場合がある
  • 近視の度数や乱視の状態によっては装用できない場合がある
  • 費用が高い(両眼合わせて16万くらいです)
  • やめてしまえば視力は元に戻る

費用が高いし、やめてしまえば視力は戻るため、視力を維持するのにはメガネ、コンタクトレンズ以上になりそうです。

 

③たったの5分で視力回復トレーニング

トレーニング方法はいたって簡単です。視力トレーニング方法は以下の通り。

1.目を強くつぶり10秒上を見る

2.目を強くつぶり下・右・左と10秒繰り返す

3.指の先端を目で追う運動 (顔は動かさない)

自分で行う場合

∞の字を3回指で描き目で追う

4.指を奥から手前へ3回動かして目を追う

このトレーニング方法、メジャーリーグでも行っているとか。しかし、根本的な視力回復になるかは疑問です。一時的な回復には良いでしょう。

 

④マジカルアイで視力回復

画像を立体視して、視力を回復させる画像をマジカルアイといいます。

2Dの画像をどうにかして3D化して見ることで、視力を回復させる方法です。

これは、どこまで効果があるのかわかりません。

 

⑤ツボ押し、蒸しタオル、ブルーベリー、視力回復アプリ

どれも一時的なものでしょう。

 

⑥自宅でラクラク視力アップ法を使う

これが一番お勧めです。価格は1万9700円の情報です。生涯のメガネ、コンタクトレンズ維持費より安いです。

視力回復アイスマイル1.0 自宅でラクラク視力アップ法

 

「視力回復なんて、そうそう簡単にはできないんじゃないの?」

医者でも治せないんだから
そもそも、視力回復なんてムリなんじゃないの…

そうですね。それが今までの常識でした。
あなただけじゃなく、多くの人がそう考えていると思います。

でも、視力回復は決して不可能ではありません。

では、どうして今までの視力改善方法ではダメだったのか?

それは…

 

今までの視力改善方法が
眼球運動だけを改善するものだったからです。

実は、この眼球運動だけでは、
目の機能は改善できても視力は回復できないことが分かってきました。

視力低下の原因は、何だと思いますか?

「近くばかり見ているから?」
「目が疲労してしまうから?」

……その通りです。

だから今までの視力改善方法といえば、眼球を運動させることばかりが中心だったのです。

でも、残念ながら、それだけでは視力は回復できないのです。

じゃあ、やっぱり視力回復は不可能じゃないの?」

いいえ、不可能ではありません。視力回復は「可能」です。

ただ、眼球運動を行うと目のピント調節を行う「毛様体筋」という目の筋肉を鍛えることはできますが、視力低下の原因はピント調節だけではないのです。

視力の低下には以下の原因が考えられます。

・目が疲れている

・脳が疲れている

・血流が悪くなっている

・自律神経のバランスが崩れている

・生活習慣が乱れている

これらの原因に着目することで視力をぐんぐん回復へと導くのです。

そもそも、「視力」を考えるとき、目と脳を分けて考えることが間違いでした。

従来の改善術や眼科で視力を回復できなかった原因は、まさにそこにあるのです。

目の機能がいくら正常でも、脳が疲れて処理が遅くなっていたり、脳の機能に不具合が起こっていると「見えない」という状態になってしまうのです。

「脳」が疲れていると、ピントも上手に合わせられなくなります。

それが今、あなたを悩ませている「視力低下」の正体なのです。

今回のこの視力回復プログラムは基本的に、小学校1年生のお子様でも実践できるほど、簡単でわかりやすい方法です。

大人なら、どんなに不器用な人でも簡単にできてしまうレベルのものです。

最初は映像プログラムを見ながらでも、慣れたらすぐに覚えられるようなものばかり。

もちろん、時間もかかりません。

短時間で
簡単に
飽きずに続けられるログラム構成になっています。

しかも一生使える方法です。視力回復達成後も続けることで、視力低下のリバウンドを防ぎます。

時間がなくても大丈夫です。一日たった5分ほどでできるので忙しくてもムリなく続けられます。もちろん、お忙しいあなたも大丈夫。家事や仕事の合間のスキマ時間におこなえます。

特別な道具は要りません。すべてご家庭で用意できるものばかりです。 特殊な器具をあらためてご購入頂く必要もありません。

家族みんなで行なえます。ご家族皆さんで、一緒におこなえます。ご兄弟での共用はもちろん、あなたの視力回復にも役立ちます。

将来に渡って、メガネやコンタクトと無縁の生活がおくれるようになります。

いくら視力が改善しても、数週間後、数カ月後に低下するようでは、本当の視力回復ではありません。
この方法は、根本的に視力の低下を改善するので継続することで、リバウンドの心配はなくなります。

今、問題となっているレーシック手術のような視力回復後の後遺症や合併症、副作用の心配はゼロです。

メガネの年間の維持費が平均1万円前後。コンタクトは1DAYタイプで年間5万円前後。メガネやコンタクトのいらない生活になれば、当然、この費用は浮きます。

このプログラムは、ムリなく楽しく続けられるので毎日の習慣にすることができます。身体がその動作を覚えるので、目や脳が疲れたら、無意識に行うようになります。

目と脳の血行が改善されることで、目に活力が戻ってきます。目とその周りの老廃物も流されますので、目の疲れもスッキリ。
澄んだ瞳が取り戻せます。

脳の活性化にもつながりますので、記憶力や集中力もアップします。

視力は運動能力にも大きく影響します。この方法を実践すると、目と身体の連携もスムーズに、さらには、瞬時に物事を判断する能力もアップするでしょう。

一度覚えてしまうと、自宅だけじゃなく、学校や旅行先でもどこでもできる簡単な方法です。毎日、いつでもどこでも取り組めるので視力回復が加速します。

すでにメガネやコンタクトのお子さまはもちろん、メガネの使用を検討中のお子さまにもぜひ、「メガネの前に」取り組んで頂きたい方法です。

視力回復の過程で自律神経のバランスも整えますので、目や脳だけでなく身体の調子も良くなります。とくに睡眠の質が良くなりますので、短い時間でもぐっすり眠れるようになります。

視力回復と同時に、首や肩のこりもほぐします。ストレス解消効果も期待できます。勉強も用事も、能率よくこなせるようになります。「遺伝」に負けない視力回復法が今、あなたの目の前にあります。

 

これだけメリットがあり、安くてリスクのない視力回復法が今まであったでしょうか?

メガネ、コンタクトでは視力は低下していく一方です。一時的な回復方法はやるだけ無駄です。

費用の高い手術や治療にお金を使うのはやめましょう。

ぜひ視力回復アイスマイル1.0 自宅でラクラク視力アップ法を試してみてください☆

もう視力検査も怖くありません。

視力

視力回復アイスマイル1.0 自宅でラクラク視力アップ法

LINEで送る
Pocket

投稿者: takeki3

福岡在住の34歳男性です。世の中のコンプレックス解消を目指し、このサイトではコンプレックス解消のための情報を提供していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です